FX 口座開設 審査落ち ヒロセ

MENU

ヒロセ通商LIONFXで審査落ちする人の特徴・傾向

ヒロセ通商の口座開設審査は、審査がゆるいと言ってしまえば語弊があるかもしれませんが、いちばん通りやすい証券会社だと思います。(あくまで私の意見です)

 

ヒロセ通商が通らないなら他社も通らないと言ってしまってもいいほどだと思っているのですが、ネット掲示板など個人の書き込みを見てみると審査に落ちてしまったという方も実際おられるようですね。

 

そこでヒロセの口座開設審査に落ちた人の共通点や、どんな傾向があるのかを調べてみました。

 

審査に落ちた人の特徴をまとめると

  • @そもそも未成年
  • A自己資産が少なすぎる
  • B本人確認書類の不備
  • C審査に落ちたけどまた申し込んだ

ほとんどが上記のどれかにあてはまるようです。

 

@そもそも未成年

基本的に未成年(20歳未満)はFX口座を作ることができません。
SBIFXトレードだけは18歳以上から開設可能です(※親の承諾が必要)

 

 

A自己資産が少なすぎる

自己資産は審査でいちばん重視されるポイントです。
資産額が少ないと「投資に回せる余裕資金がない」とみなされて審査落ちする傾向です。

年収や職業が重視されると思われがちですが無職でも年収50万円以下でも口座を作れた前例があります。

 

B本人確認書類の不備

口座開設申込ページに記入する住所ですが、本人確認書類に記載されている住所と一文字でも違うと修正を求められて保留になってしまいます。

 

間違いなく記入するために本人確認書類として提出する物を見ながら記入すると良いです。

私の過去のケースですが、本人確認書類として提出した運転免許証の住所の番地部分「○○番地 ○号」を「○○-○号」と省略記入して保留になりました。

 

C審査に落ちたけどまた申し込んだ場合

ヒロセ通商に限らず、審査落ちした名義で再度申し込んでもまた落ちます。
なので、もし審査に落ちてしまった場合は再度申し込むのではなく他の証券会社を申し込んだ方が得策です。

 

同時に複数申込んだほうがラク

証券会社の口座は維持手数料などがないので、トレードできる環境を早く整えたいのなら証券口座は複数同時に申し込んでおいたほうが良いです。

 

同時なら本人確認書類の写真も同じのを使えるので一回で済むのでラクですし、証券会社によって審査基準が違いますから複数いっぺんに申し込んでしまったほうが早いです。

 

証券会社によって審査基準は違います

重複しますが、口座開設に一度落ちてしまった場合は再度申し込んでも却下されてしまいます。
そして、なんで落ちたのかを問い合わせしても理由は教えてくれないので、諦めて他の証券会社の口座を申込んだほうが良いです。

 

「他の証券会社も落ちるんじゃ?」と思われるかもしれませんが、証券会社はそれぞれ審査基準が違うので全部落ちるケースは余程の問題(自己資産が無いなど)がない限り可能性は低いと思います。

 

関連ページ

 

 

※免責事項
当サイトは管理人の経験やインターネット上の情報をまとめています。
当サイトに掲載している情報には万全を期していますが、正確性・有用性について保証するものではありません。
当サイトの情報を利用して被ったいかなる損害についても当サイト運営者は一切の責任を負いません。
このページの先頭へ